硬式空手道ルール

要 点

・2分間1本勝負制 (原則)

・加点方式

・5点以上の差を生じた時1本と見なし試合終了

・3連続技が極まった時1本とする

・足払いより転倒制圧し寸止めにて決まった時1本とする

・場外注意は相手に1点与える

・反則注意は2回で失格負けとする

・延長戦は先取り勝負としない (原則)

・技有りは1点とする。但し上段蹴りは1本又は2点とする

 

当ルールは、公平かつ正確な審判を行う事、及び選手の試合中における規律ある行動の保持を目的としています。

勝負

1 勝負は1本、あるいは判定による勝ち、或いは反則、失格による負けによって 決定する。

2 ポイントにおいては、ポイントの多い方を勝ちとする。 (5ポイントの差が生じたときは、1本となり試合は終了とする)

3 攻撃目標は、次のとおりとする。

(1) 安全防具面部(面部の顔面部及び顔面部から耳側部の部分)

(2) 安全防具胴部(胸部と腹部及び防具の側面)

 

 

1本及び技有りの判定基準

1 1本及び技有りの判定は次の各項による。

2 (1)基本的な正しい姿勢、かつ充実した気迫と適正なる間合いで有効な威力 ある突き、蹴り、打ち、当てが定められた部位(相手の顔面、中段胸部 と腹部)に充分コントロールして当て、極め、相手のバランスを崩し、 倒し、残心を示した場合。

(2)3連続技が確実に極まった時。 (3連続技とは相手に技有りを3本連取し、その間相手の技有りを挟 まない場合)

(3)5ポイントの差が生じた場合。

(4)次の技に繋げる足払いで、相手を転倒制圧し瞬間的に完全な仮当て(寸 止め)にて極まった場合。

(5) 打撃技のダメージにより体がふらついている場合。

3 技有り(ポイント)は、前項で決められた技で、1本に近い技である場合を技 有りとする。この場合、上段の蹴り技は2ポイント、それ以外の技は1ポイン トとする。

4 時間切れの合図と同時にかけた有効な技は認める。但し、主審の「止め」の合 図の後の技は一切認めない。

5 試合者双方が場外に出た時かけた技は無効とする。但し、攻撃した者が瞬間場 内にあり、主審の「止め」の合図の前にかけた有効な技は認める。

6 次の場合は充分であっても1本と認めない。 (イ) 相手をつかんだ時(空手衣・安全防具) (ロ) 次の技に繋げる足払いで、相手を転倒制圧した時、瞬間的に仮当て(寸 止め)にて極められなかった場合。

 

 

禁止事項

1 禁止される技は次のとおりとする。

2 安全防具以外の部位への直接加撃

3 股間部への加撃(金的)

4 背面への直接加撃

5 転倒者への直接加撃

6 下肢への蹴り技(足底での足払いは可、足甲での蹴りは不可)

7 投げ技

8 バックハンド

9 関節技

10 禁止される動作
(1) 極端な場外逃避、時間を空費するための行為

(2) 掴んだり組み付いたり、或いは暴力的な体当たり
(3) 罵倒、挑発的言動、相手の人格を無視するような言動、態度
(4) 技を決めた後、故意に試合場内を逃げ回ること

 

コートの区分・試合時間

幼児・男女小学生・女子中学生・女子高校生 7m 四方

本戦・決勝戦は1分30秒

延長線は一回のみ

 準決勝戦まで1分、3位決定・決勝戦は1分30秒

一般有段・一般有級・女子一般
シニア・中学生・シニア高校生

8m 四方

本戦・決勝戦は2分

延長線は一回のみ

 準決勝戦まで1分30秒、3位決定・決勝戦は2分

 

 

 

全日本硬式空手道連盟審判規定(抜粋)

PDFファイルには次を含みます。
1.審判規定  2.審判団心得  3.試合競技規定 4.公認審判員・公認監査役制度細則